ステム交換しつつ、フロントサスもメンテ

いよいよ今回最後の交換作業。

広告

ステムを交換する理由は…見た目もあるし、ハンドルの位置を変えて姿勢を変えるというところにあるとは思う。

しかし自分の場合、位置はそんなに変えたくなかったが、古いのが

img_7940

w7wr5os3wq419ur

長さが85mmぐらいで微妙な長さなんだよね。

ということで購入したのは90mm

 

 

 

omw1xqsnh0fe3ky

グランジ タフエックスステム カラー/ステム長 :ホワイト/90mm

というやつにした。

 

この段階でホワイトにしたのは…今は違和感があるが、フロントサスペンションの交換は頭のなかにあったし、黒すぎて嫌だ!というのは前々から書いてあるとおりだったので、白を混ぜたくてね。まあよくあるよね。フレームが白でフロントサスが黒とか。そんな感じでこの時には頭のなかにイメージはあった。

 

 

w4lvdfgac1vdpbk

サビもそれなりにあり、古さを醸し出してしまっている。

 

 

 

交換作業開始

 

まずトップキャップとステムを緩めていく。ハンドルはそのまま。

 

取り外しは簡単にできるが…このサスペンション…実は一度も外したことがない。というのもぶっ叩いても外れなくて…。

このたび1ポンドゴムハンマーを激安で購入。Amazonで248円だったので自動車用と二本購入しちゃった。なのでこいつでぶっ叩く。

 

 

00l7npeulul0ftu

意外にも簡単に外れてしまった…。

 

 

9年ぶりに外しただけに、グリスはほとんどなく、真っ黒。もちろんベアリングは錆びてしまっていた…

 

bu8v8jvniqpsktj

綺麗に磨くも…ここでベアリングのボールを2つ紛失…ただいま、2つない状態。

そのため近いうちにアヘッドを交換して、シールドベアリングにする。

ボールもすり減ってしまっているし、何もかもダメ。

 

 

さらに!

スターファングルナットが斜めになってしまっているし…。

v7nusbsac76nmdr

このままでもいいが交換することに。

 

 

スターファングルナットの圧入は

em4ogcv6wl0momr

6mmのこんなもので引っ張って下から抜くという方法をとってみた。

 

 

 

talwyr17t7tar4z

こんなかんじで回していく…でもね、時間がかかりすぎ。

最終的に、上から棒を突っ込んで、ハンマーでドついて取り外した。

 

 

gq0mz88za7v51hy

左が古いの。

 

 

同じようにして今度は新しいのを入れる。

78np9rccmff6n4s

意外と硬いけど位置を調整しながら、均一に入れるようにする。

 

7vr3v45fbbbjsve

こんな感じで入っていく。写真よりもう少し深く入れないとダメ。

 

 

 

ここまでできたら、あとはステムをつけてトップキャップをつけて仮止めしておき、トップキャップで上から抑えてサスペンションを押し込む。んでステムで固定すると。

 

9iky8plgisep7rm

lohxjouz0ycd8ou

まさかのスペーサーが足らなくなるという自体…

 

 

 

追加で買ってきて

rk7cg9bsgr18pex

 

これで完成。

 

 

 

 

zxmn4odcfc8asvj

今回購入したものはこれだけ。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください