自転車のパーツを買う店が減った件

相変わらず自転車に乗るため、どうしても消耗するパーツは消耗していくわけだが、それに反して自転車のパーツを取り扱う通販ショップが次々と消えてるっぽい。

広告

まずBicinet Sana。

有名なお店の一つだけど、一年前までは普通に営業していたけど、今年に入り少しずつ異変があったらしく、既にサイトは閉鎖、つまり閉店したらしい?Facebookは残っているんですけどね。

 

そして、自分の愛用していたサイクルブティックも、サイトはあるけど在庫確認の連絡をしたけど、返事なし。1人で運営していれば、色々と事情もあるかもしれないので、閉店かどうかまでは不明ですが、現時点では返事なし。困ったもんです。

 

経営的にどういうものかわからないけど、値上げが色々と続いてる今、厳しいところもあるのかもしれませんね。

 

 

とりあえず細かなパーツは、他の通販ショップか自転車屋か

あとはモノタロウ。意外ですが少しは取り扱いがあるので。

 

 

 

ということでスプロケットの小さいギア、外側のギアが削れてしまい歯飛びしやすいので、モノタロウで発注。

ただモノタロウの場合、在庫が確保できない場合があるので。その場合は取り消し可能。というより自転車のパーツって物自体が、マイナー、取り扱う量が少ないとか色々とあるんでしょうね。

 

 

その割に、MTBの世界も5年で10段から12段へと多段化が止まらず、規格も増えるだけ。種類が増えて面倒だろうなと…。

 

 

ちなみにXTのスプロケットはバラせて必要なパーツのみ交換できるので、こうして必要なギアだけ交換すれば、すごく経済的です。丸々交換だとSLXでも4,300円ほど?XTは売ってないのでわからないけど6000円近くするかと思うけど、バラでこうして買えば4枚だけで1500円程度で済むので。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください