Redmi Note 3 ProをまずはBootloaderのアンロック

Redmi Note 3 Proを購入してから一年が過ぎたので、いよいよカスタムROMへの入れ替えを行っていくことに。

広告

Redmi Note 3 ProにCyanogenMod13を入れる – がばぶろ http://bsb.dip.jp/blog/2016/06/16/redmi-note-3-pro-cm13/

 

ここらを参考にやる。

 

公式ROMの書き換えが必要なのかはやってみないとわからないってのが一点、やろうとしたがどうしても本体が認識されない。おそらく何らかの原因はあるんだろうが、とりあえず先送り。

まずはアンロック申請をする。これは終わった。

何らかの通知が来るかと思ったが何も来なかった。同じサイトを見たらアンロックのソフトが落とせるようになってたので許可されたんだと思う。

続いてダウンロードしたソフトからアンロック行うも

『current account is not bound to this device』と出てしまう。どうも何か紐付けが足りてないようだ。やり方も出ていて、開発者モードだっけ?デベロッパーオプションから、Add account and deviceを押してやる必要があるようだ。

Xiaomi Mi5 アンロック方法自分用まとめ:適当に買ったガジェットblog http://tekitoukatta.tk/archives/2908857.html

ここを参考に。

 

ということで押した。これでアカウントと端末を紐付けるってことなのか。

 

しかし72時間なんてまたなくても、紐付けが終われば通るのではないかと再チャレンジ。

 

きちんと時間のカウントしてるようだ…。

 

ということでまずアンロックの壁が高いな。

 

おそらく自分のイメージでは、アンロックさえ通ってしまえば、
TWRPを入れる→LineageOS公式を落としてTWRPで入れる→gapps入れる→おわり

 

なはず。すんなり行ってほしいな…。99%までいけてるなら通るとは思うが。

 

続く

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください