Vee Rubber Speed-R MTB Tyreを使ってみた

いよいよ使う時が来た。

広告

gollabo | CRCでタイヤ購入。Vee Rubber ってどうなん

と以前に書いたが、タイヤ交換の時期を迎えた。

4ajfk64nwz

そして装着。この写真の時に気がついたが、タイヤの回転方向が逆なんだよね、これ。

 

 

p554mrgpk1

ということで取り付けをやり直して。

 

 

ケブラービードで1450円で買ったこのタイヤ。

正直に言おう!個人的な感想だが・・・なかなか酷い

 

まず重い

とにかく重い。走り心地は一気に変わる。DHバイクで走ってるかのような重さがある。

その原因だけど、専門的な事はわからないが、自分が触った感覚だと、タイヤのサイド、つまり地面に接地しない部分がやたらゴムが厚い。だから取付時も結構ゴワゴワしてるというか、やりづらかった。

ここらへんが技術の差なのかと正直感じてしまう。ただゴムだけを厚くして強度を出すと、重いだけのタイヤになるという…。

 

 

さらに弊害があって、サイドが硬いと空気圧を低めにしてもタイヤ自体の変形が少なくなるため、乗り心地がやたら硬く、衝撃を吸収しない。なので乗っていても疲れる…。重くて疲れるところにガタガタと疲れるという二重苦が待ってる。

 

 

その上、ゴムのコンパウンドもカチカチなので、グリップしない。
ただアスファルトでは硬いからか意外としっかり食いついてる気はするが、ブロックタイヤとしては完全なる不合格。

で、ブロック自体も写真と違い、結構最初から低めというか少なめ。なので硬いゴムな上にそんなのだから、全然話にならない。

 

 

総括すると「安さだけが取り柄タイヤ」

と結論付けるしかないほど悪い。

 

おそらく一週間使わずにゴミになると思う。空気を抜いてもカチカチのタイヤなんて使ってられないよ。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください