2014 GIANT TRANCE 27.5 2 納車されましたよ!

いよいよ新車が来ましたよ!受け取りに行ってまいりました。

広告

一年前、夢に見たXTを全面導入。その後に1万キロ以上乗った。

思いきってフルサスも購入。いよいよ引くに引けなくなったが、健康と手軽な趣味ということで今後ずっと続けていく所存でございます。( ー`дー´)キリッ

 

 

 

 

f16h1napsq

ついにFOXのサスペンション、それもダブル(ノД`)シクシク

うれしくてうれしくて。(ノД`)シクシク

 

 

まず、スルーアクセルのリアホイールを使うのに必要な金具があるので、それだけ調べてもらい、その後にそれは今日発注。

 

その後にエアサスの調整をしてもらい、色々と説明も聞く。エアサスのエアーは抜けるのか…。今のは何もしてないけどいいんだろうか。更にいうとエアサス用のポンプは買わないといけないことも発覚。これは追々買うとしましょうかね。

 

なんだかんだで2時間近く滞在してしまったが、支払いも済ませて受け取った。

 


 

購入した自転車は

2014 Giant Bicycle TRANCE 27.5 2

 

引用すると

150313-214614

フレームALUXX SL-Grade Aluminum、5.5″ Maestro Suspension OLD135/142mm
フロントフォークFOX F140 RL CTD EVO OverDrive 2 コラム 140mmトラベル 15mm Axle
リアサスユニットFOX FLOAT CTD EVO L:7.85 T:2.0
BBセットSHIMANO SM-BB71-41A Press Fit (BB89.5)
ギアクランクSHIMANO SLX 24/38 170mm(XS、S)、175mm(M)
チェーンKMC X10
F.ディレーラーSHIMANO SLX DM & MRP 2X 34-38T
R.ディレーラーSHIMANO SLX
シフターSHIMANO DEORE 10S
ブレーキセットSHIMANO M447 F:180mm R:160mm
ブレーキレバーSHIMANO M445
ギアSHIMANO HG50 10S 11-36T
ヘッドセットFSA シールドカートリッジ 1-1/4″-1-1/2″ OD2
ハンドルバーGIANT CONNECT SL TR 31.8 730mm
ハンドルステムGIANT CONNECT SL OD2 31.8 60mm(XS、S)、70mm(M)
サドルGIANT CONTACT MEN UPRIGHT
シートピラーGIANT CONNECT 30.9x375mm
シートクランプAluminum 34.9 QR
ペダルなし
FハブGIANT DH/DC70 32H 15x100mm
RハブGIANT DC1032 32H 135mm
リムGIANT S-XC2 32H
スポークStainless 14G
タイヤSCHWALBE NOBBY NIC PERF 27.5×2.25
チューブバルブ仏式バルブ

jy2r1stzn3

といったところがスペック

非常にいいんですよ、悪くありませんよ。お値段から見たらいいですよ。

 


 

まず自分が

大不満な欠点

から言うと!!!!

9qi06kk1fn

このOVERDRIVE 2というGIANT独自の規格。通常?というか一般的な規格はOVERDRIVEというわけではないが、この1-1/8 1-1/2 というのがよくあるヘッドのサイズ。これが独自の1-1/4 1-1/2となってて太くなってる。

剛性が得られるというのは理解できるが、独自規格というのは後々どうなるのかとは思う。ただし世界一の自転車会社のGIANTだから、そこがどうなんだか。ロードもみんなOD2だから、少ない規格ともまた言えない。

ただ可能な限り共通の規格が望ましいとは思いますよ。思うけど考えすぎても仕方ないのもまた事実。10年前、ヘッドはテーパーなんて主流じゃなかった。なのに既に26インチは消えた上に、当時はなかった27.5インチなんてのが今や主流、ヘッドはテーパーばかりだ。考えても、時代がそうであれば買い換えるしかなくなるのもまた事実。どうせ規格乱立は今後も続くだろうし、キリがないから。

 

さらに太い分にはスペーサーで埋めるとか何かしら対策ができるのも想像できる。細い分には太く出来ないが、逆はできるから。

なので不満ではあるが、考えても仕方ないということで、恐らくこの問題を考えるのは5年以上先の話だろうから、よしとする。


 

良い点

トータル的なスペックと値段は十分だと思う。

aih6h4phw5

va5f4pcski

cu68sp41bm

更にデザインもここまで主張しないGIANTの文字が何となく落ち着きがあっていいが、個人的には蛍光色のハデハデがよかったんだけど。でも黒はなんだかんだで無難。


 

乗ってみての感想

 

率直として、ハードテイルとフルサスってここまで違うのか!と乗ってみて思いましたよ。

まず長距離を走るという意味では、フルサスは本当に向いてない。ハッキリ言って辛い。正直、この自転車で静岡まで走れと言われたらイヤ。ハンドルバーも広いし、シートポジションとかもう少し何とかすればいいかもしれないけど、少し長距離を走るにはゴテゴテしすぎ。

 

逆に少しだけだが、下りと未舗装路を走った感想は

超らく!!!!!!

この走りづらい姿勢は、降りる時にはめちゃくちゃ安定してて、衝撃もないから突っ込んでいける。ここまで違うかな~ってぐらい違う。

山遊びの道具だな、こりゃ。

まさにその言葉なのよ。

重心が後ろに行ってるから、ウイリーしやすそう。

 

 

 

26インチと27.5インチの違いは?

 

正直、自分の感覚からすると

結構でかくなった!!!

と感じるよ。

 

これで29インチじゃ~わたしゃ乗れませんよ。29インチを買って走破性を求める事はないな。舗装路なら、ロードを買ったほうがよっぽどマシだし。

ということで自分の中では十分なサイズアップでございます。

 

 

さー遊ぶよ~。買って終わりじゃないよぉ~

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください