MTBの油圧ブレーキのメンテナンス

雨も降ってることなので、時間を見てMTBの油圧ブレーキメンテナンスすることに。

広告

具体的にはリア側が何か握り心地が柔らかく、エアーが噛んでるような感じなので、そのエアー抜きが主な目的。

 

 

9j9i5s5ls7 hwff1hqy39

用意したのはこんなものかな。

 

 

 

手順としては

 

9n2yqkeuub

めがねレンチをいれておいて、耐油チューブを固定しておく。

 

 

 

14p30d8u8a

後は適当に、廃油処理をできるようにしておいて

 

 

 

次にブレーキレバーのところを開ける

jbc1ts7i77

空気が入らないよう、オイルを入れておく。

 

 

あとは耐油チューブをつけた上の写真のキャリパーを開けて、握ったりしてオイルを流していく。

 

jdd847wove

結構空気が入ってるんだけど…

 

 

上のオイルは切らさないようにして、キャリパーから注射器で押し込んでやったりして、エアーが出なくなるまでやった。

 

最後はキャリパーのところを締めて、ブレーキレバーのところを締めて終わり。

 

 

 

オイル汚れは当たり前だが全くなし。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください