Xiaomi Redmi Note 4の交換用のバッテリー注文と分解

Xiaomi Redmi Note 4を購入してから2年半。画面が曲がってきた上に隙間から光が漏れる。その上、最近になりさらに画面を押し上げてきてる。

広告

ということで、前回

Xiaomi Redmi Note 3 Proを壊した… – gollabo.com

Xiaomi Redmi Note 3 Proを壊した…

 

の反省から、きちんと開ける場所はわかっているので、下から開けていくと

 

無事にあいた。この時、先ににSIMカードのスロットは外しておくこと

裏蓋を外してやると、当たり前だが液晶はもとに戻る。

製造は2017年10月15日と。3年目で膨らんでくるってことか。

型番は「BN43」

YouTubeを見るとバラバラに分解して交換させる動画があるけど、あれは間違い。電池下のあるところから引っ張るシールで外してやる。あとは上の電池と基盤が繋がってるところを外せばいいだけ。

シールは垂直、上に上げずに、水平に引っ張ってやると切れにくい。切れたらプラスチックのカードを突っ込んで動かすと剥がれていく。無理やりやると電池が曲がって怖いので力任せはやらないほうがいい。とりあえず、電池は外す一歩手前で止めてある。

 

 

ケースにそのままいれたらいい感じ

 

 

注文の方は

 

AliExpressで。届き次第交換するが、1分で交換は終わると思うので。

Xiaomi Redmi Note 3の方も交換する必要が出そうなので、またそちらも追々と

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください