帝国データバンク TDB電子認証サービスTypeAを利用した、電子入札システムの設定

経緯から説明すると「静岡県共同利用電子入札システム」の設定を依頼されてもサイトの説明が全然わからないため、メモして簡単にまとめておく。なぜ国のこういうシステムはここまで使いづらいのかね。

広告

流れ

静岡県共同利用電子入札システム > 工事・委託 > はじめてご利用の方へ
http://www.cals-shizuoka.jp/ec/kouji/intro/index.htm

1.パソコン、ソフトウェア、ネットワークの準備

普通のパソコンなら、見なくてもほぼ問題ない

 

 

2.電子証明書(ICカード)の準備

これは必要

 

 

3.ICカードリーダ、電子入札対応ソフト等のセットアップ

 

ここで帝国データバンクの場合は

ダウンロード | TDB電子認証サービス TypeA | 帝国データバンク[TDB]
https://www.tdb.co.jp/typeA/support/03_13.html

からダウンロード、インストール。

ここのバージョンが鍵。最新版だと動かないため。

 

 

4.公開鍵証明書ファイル抜き出し。

用意するもの | 電子入札システム専用JREダウンロードサイト
http://www.cals.jacic.or.jp/core-dl/preparation/index.html

ここを見てやる。

 

5.電子入札システム専用JREをダウンロード

公開鍵証明書ファイルを利用して電子入札システム専用JREをダウンロードする。この時に上のバージョンにあったものをダウンロードする。
その後に電子入札システム専用JREをインストール

 

 

 

 

7.例外サイト・リストの設定

静岡県共同利用電子入札システム > 工事・委託 > はじめてご利用の方へ  > 例外サイト・リストの設定
http://www.cals-shizuoka.jp/ec/kouji/intro/exception.htm

例外サイトに追加するだけ

 

8.Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)の設定変更

静岡県共同利用電子入札システム > 工事・委託 > 電子入札システム(入口)
http://www.cals-shizuoka.jp/ec/kouji/system/index.htm

割とどうでもいい設定だけだが、必要ならしとけばいい程度かなと

 

 

9.利用者登録

一度してあるなら不要

 

で終わり。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください