Xiaomi イヤホン HD Pro本物が到着。偽物と比較してみた

ようやく、オランダからXiaomi イヤホン HD Proの本物が到着。

当然、追加料金はなし。
(この記事はあくまで自分の手元にある2つを比較しただけ)

広告

パッと見のパッケージは全く同じでわからない。(偽と書いてないものは本物)

 

 

 

 

偽物の方は捨ててしまって今更比較できない。が何時製造したとか本物は丁寧な気がする。

記憶でしかないが、ここまでは差はわからない。

 

 

ここでまずわかる

 

こちらが本物。プリントがキレイだ。特にXiaomiのロゴマークが違う。

 

 

オリジナルデータでないからか、ロゴマークの印刷が雑。ブランドの鍵であるロゴマークをこんな風に印刷するのはいささか考えづらい。

 

 

一番の違いは、このイヤホンコードにあるQRコード。本物にはこれがある

 

 

このQRコードはサイトのURLになってて最終的にXiaomiのサイトでこのように表示される。

 

 

さらに続く。

 

 

本物は細くて光沢はない、袋の生地はつるつるとしてる。

 

 

太字になり光沢がある。さらに生地もゴワゴワとしてる。縫製の差は見たところではわからないね。

これはオリジナルを見ないとわからないと思う。

 

 

 

レーザー加工が偽物は少し薄くて白さが違うね。

あと裏にあるR・Lの文字が本物は細い。偽物は太字になってるね。

 

 

 

で!!問題の音質だが、こればかりは文字では表現できないが、

1万円以上のイヤホンの音を聞き分けられない(というより音は好みでしかないという意見)の自分なので耳は自信もないけど、それでも明らかに違う。
それも好みの差ではなく、偽物は音がこもってて音が出てない。(妙に低音ばかりが出ていて高音域が酷いほど出てない)

本物はキレイに高音域までが出ているので、明らかに気持ちいい音である。

 

 

Gearbestは発送が遅いとか悪い評判もあるけど、この件については満足してる。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください