こまめF210 軸のオイルシール交換

あかんやつの続き

広告

ホームセンターに注文してあるけど、見積もりすら遅い。もう次の雨までは待ってられないので、土曜日にやっている農機具屋を探す。

清水の農機具屋に、在庫があるということで行って買ってきた。

 

spvb5twh3s

v62zyl1mgl

シールの値段は一つ千円。どこの店も似たり寄ったりだとは思うよ。1500円-2000円でしょう。

 

 

シールだけどF220の新しい型番のシールになっている。

どうやらF210って初期、次の改良版とシールが違うんだけど、耐久性に問題があるんだろうね。

なので今はこの最新のF220のシールを入れるんだそうだ。この方がオイル漏れしなくなるとのこと。

 

 

vf39b9fjo6

左右、大きさが違う。

 

 

 

a4fzmszkq1

綺麗にして、グリスを塗ってから

 

 

8t7ykg6xsp

はめていく。はめるほうが当然楽。

 

上の写真は実は既にミッションオイルを入れてテスト中。 SMオイル(5W-30)を入れたから、耐久性も増したことでしょう。

(今後は漏れてた間のギアの消耗具合だね。農機具屋さんで聞いたら、ギアが逝ったら、修理費から考えたら新品のほうが安いとのこと。)

 

 

回転刃?というのかな。それを取り付けようとする…すぐに終わると思うじゃん!!!

そうはいかないのがコイツ…。

外れなかったわけだけど、なぜ外れなかったかがこの時わかった。ピンが曲がっているのかと思っていたんだけど、違った。

なんと穴があってない…そこに無理矢理金槌でドついてピンを入れたらしい。なので歪んでいたんだよ。そんなことしたら外れなくなるじゃんと思う。
外せるようにしてあるってことは、理由があるわけで、なんで考えないでそんなことをするんだろ。

力でなんとかするってのがね。

こういうものは収まる所に収めないとダメなんだよ、力でやるとかアフォのすることですよ。

 

 

ということで穴がゆがんでいる…だったら穴を正せばいいじゃない!と。穴を金属加工して、

 

b10pvbah7j

ストン!とピンが収まるようにしといたよ。ということでピンは買う必要なかったんだな…。

 

これで簡単に取り外しができるようになった。

 

 

 

ミッションオイルを入れて、その後に、エンジンをかけると、白煙もくもく。

んーーー。これは自分が引き取ってからひどくなったなぁ~と。

 

 

オイルが燃えてしまっているようなので、多いということか~ということで、エンジンオイル入れ直し。

しばらく白煙は出そうだけど、仕方ない。

 

その後今現在もだけど、オイル漏れがないか様子を見てるが、4時間過ぎたけど、全く漏れはない。

明日の朝まで問題なければ問題なしと判断。

いよいよ晴れたので使ってみる。

 

 


 

せっかく油を出したので、

車二台のエンジンオイル交換もしておいた。

 

エンジンオイルも結構使ったなぁ。残り38Lぐらいしかないや。
ペール缶が控えてるからなぁ(・∀・)ニヤニヤ

 

余談だが、空のオイル缶の掃除には頭を痛めてた。今回は灯油を用意しておいて。少し入れて振ってから捨てて中を見ると・・・

ベタベタが全くない!!!!!

すげー洗浄力…。ただこれを家の近くにおいておくのが嫌なので、外に離れた所に置いた。火災が起きても嫌だし。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください