MTBが好きな理由

前に書いたような気がしたが、よく見ると…書いてない?ようなので…。

広告

img_8204

なぜMTBなのか

 

確かに今どき…MTBは人気がない!。街中で見ても、錆びちゃったなんちゃってMTBやら、外国人は比較的新しいのを乗っている気がする。きちんとしたMTBを乗っている人は本当に極々わずかな印象である。

自分としてはどれだけMTBがなくなろうとも、乗るのをやめる気はない。

なぜなら好きだから!これ以上もこれ以下も理由が存在しない。

周りが何を乗っているかなんて自分には全く関係ない。流行りも関係ない。

では、なぜそこまで好きなのか。

 

最も大きいのは、路面を選ばない自由さ。

どこでも走っていこうといけるタイヤとフレーム。段差があろうが、走りたかったらいけるのである。この自由さはロードバイクには絶対にない。

 

あとは、クロスバイクとかを買うと、ロードバイクを確実に意識しそうだけど、MTBなら我が道を行ってる感じがして無関係だと思えること。軽さがどうの言われたって、「MTBは剛性が必要なんだから関係ないし~」とそんな感じ。

 

 

 

運動負荷は高い方がいい

確かにロードバイクはそのままで、舗装路を走るなら最高の自転車だというのは認める。効率の良さはMTBの比ではない。

効率が良ければいける範囲を伸ばせるし、色々と楽しめるというのも一理ある。しかしそれは目的によっては、かえって意味のないものになる。

自分の第一目的は、運動をすることにある。距離を伸ばしたり速く走ったりということを目的としてない。健康のために運動をするのが目的なので、運動負荷は高いほうがいいのである。効率が悪い方がいい。

だったら、ファットバイクにでもすればいいが、ファットバイクではパーツが26インチMTBほどない。価格やパーツの種類を見たら、今ので十分。そこまで運動負荷を高めたって、あまりに楽しくないのであれば意味は無いし。

 

 

 

ロードバイクは嫌いではない

ちなみにロードバイクが嫌いということは全くない。

速くていいなぁ~

きっと軽いんだろうなぁ~

とかは見てて思うし、カッコイイなぁ~という自転車もあるしね。やはりカーボンフレームのロードバイクはデザインを含めてもカッコイイね。

 

 

 

 

 

全ては楽しいと思えればそれぞれが好きにしたらいい話だからね。

ただ、自分が思うのはMTBは基本的に速くはないので、後ろに追いつかれたら、ちょっと頑張って先を行って下さいよと思う…。MTBがロードバイクを引っ張っていくとかあり得ないっすよ…。

なかなか速度も上げてくれないんで追いぬくとムキになってくっついてこないで欲しい。(これは年寄り自転車に多い…。誰も競争してないから…。)

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください