Xiaomi Redmi Note 4のroot化

前回の続き。72時間が過ぎたので

広告

まずSIMを外した状態でも、72時間がすぎれば問題なくアンロック完了。

それが終わればTWRPを入れる。。。
fastboot flash recovery twrp-3.2.3-2-mido.img

 

で、音量+と電源で立ち上げるも

MI-Recovery 3.0ってのが出てしまい、TWRPが立ち上がってこない。消せばいいだけだとは思うが、余計なことはしなくてもいいかと思い

fastboot boot twrp-3.2.3-2-mido.img

で、起動させる。

 

LineageOS15.1を入れて、

 

 

 

ここまでは至って順調だった。

 

 

 

色々とやってて思うが、gappsはNano Package未満はトラブルの元のような気がする。色々と動かないことも多いし。

 

あとはMagiskを入れて、あとは細かなアプリを入れたり設定したりそんなところ。

 

 

基本的な流れはいつも同じなので慣れたもの。ただ微妙に入れる順番が異なったりすると、変な挙動になるところがある。その解決に時間がかかってしまうね。

 

 

 

端末は、SD625は同じだが、メモリが3GBになるだけで全然違うものだなと。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください