色々MTBのメンテナンス。

色々とまとめて修理になってしまったので書いておく

広告

まずはPD-MX80のペダル。雨の後から、キュッ~という音が出るようになってしまった。

確実にペダルだとわかったので分解。

軸の根元が錆びてるが、そのへんが錆びてこすれると音が出るようになったようだ。ということでここにグリスでも入れておけば直るのだが、そのためにはバラすしかないので、バラバラに。

組み直して、グリスも新しく入れ直して修理完了。もちろん異音は出なくなった。

 

 

 

次はパンク

空気が漏れてるのは穴ではなく、こんな場所。なぜこんなふうにゴムがなったのかは不明。

信用できないので、チューブ毎交換とした。

 

そしてそのタイヤを取り付ける時に

やっちまった・・・。ディレイラーのチェーンの通し方が間違ってた。もちろん引っかかってる部分は相当な期間、気が付かなかったので削れまくり…。

写真でいうとチェーンは右側を通らないとまずい。よくこんな状態で何ヶ月も走ってたもんだよ。

チェーンを外して掃除して組み直して終わり。

 

 

 

最後に

ハンドルのグリップの交換。やはり締め付けて止めるタイプでないと、動いてきてグリップが抜けてきてしまう。

ということもあり、今度はTOKENのグリップに。

 

 

 

それでとりあえずメンテ終わり。次は二台とも後輪を交換だろうな。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください