(偽)Pokemon Go Plusを輸入してみた…。

わざわざ偽Pokemon Go Plusとは書かれてなかったし、値段もそもそも本物とほぼ大差なしだし、どんなもんかと騙されたと思って買ってみたが、案の定偽物だった。

というかどうしてこんなに国内になくなってしまったのかと…。

広告

到着は二週間ほど。深セン辺りかと思ってたが、シンガポールから届いた。

 

箱はこれ以上ないほどボコボコできたが、そもそもとして本物はこんな白い箱じゃないので、この段階で早々にも偽物確定。

 

 

こう見れば本物と違いはわからない。

 

 

 

裏蓋は、潔く任天堂の文字なし!質感はほぼ同じで雑さはない。

 

 

電池を入れてポチッと押してみると、本物は青だが、なんと白が出てしまう…。

(端末とつなげれば青になったので、白は正常)

 

ちなみにボタン電池自体はPanasonicのものだったが、おそらく本物なんじゃないかなとは思う。3.1Vほどあったので古さも感じなかった。

 

 

右が本物だが、ビスが少し違うね。

あと防水パッキンが偽物はダメダメで、バリもとれてないし、無理やり詰めてあるからすぐはずれてしまう。

基本的にはほぼ同じだが、基盤の左側の丸3ツの部分が、本物は十円玉色、偽物は五円玉色

ここが偽物と本物を見分けるのに一番いい場所な気がする。

 

 

他にも変なところはあり

  • 偽物はLEDがかなり明るい
  • バイブがうるさく、ブーっていうよりビィーって感じで力強い。

おそらく電池の消耗は本物より激しそうな感じがする。

 

しばらく使ってみてやはり減りが早いようなら、バイブのモーターの配線をカットしてモーターは取り外して、節電と軽量化を図る計画。

 

ちなみに使うには問題なし。押しっぱなしも全然いける!

 

 

ただ、決して安いわけではないので本物があるなら、わざわざこれを買う理由は全くなしでオススメもしない。


結局このGo Plusは不調で使い物にならず、クレーム。販売者がそれなら別のを送るって事で送ってもらった。
そのほうがまだマシだが、本物とは違うし、品質は低い。

ただ皮肉なことにメリットもある。本物よりもポケモンとかジムの反応がいいので、本物より多く捕獲してくれる。

ポケモンが見つかると、ブーブーってなって、捕獲に入るとブッブッって感じだと思うが、最初のブーブーがないから早いんだよね。即反応して、ブッブッって捕獲に入る。

Go-tchaなんかも捕獲は早いというけど、たぶんこういうことなんだと思う。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください