文鎮化したzenfone2を修理して復活

完全に動かなくなってしまったzenfone2だが、まだ可能性が残されてたので挑戦して無事に修理完了。

広告

まだリカバリーモードが生きてたので、そこからADBでコマンドを入力したら反応したので、ファクトリーデータ、ファームウェアを入れて起動させたら直った。

 

やり方としては超簡単に書く

参考にしたのはここ

Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にアップデートする方法(ブートローダーアンロック/Root化/カスタムリカバリ不要)
http://androidlover.net/android-os/android-5-0-lollipop/nexus-update-lollipop-adb-sideload.html

 

まずAndroid SDKを用意して入れる。次にAndroidの端末がUSBで接続して認識されるようにしておく。ドライバはASUSのサイトにもあるし、入れなくても認識するかしれない。

そしてその時に、入れたいファームウェアをASUSのサイトから落としておく。ZIPのままで置いとけばいい。

 

 

zenfone2を音量のUPを押しながら、電源をオン。ロゴが出たら電源のボタンのみ離して置くと、Androidのロボットのが出てくるので、そこで「Recovery mode」を選択。再起動するので、少し待つと、エラーなどが出る。

 

そこで、電源ボタンを押しながら、音量UPを押しながら押すと

 

 

こんな画面になるので、「apply update from ADB」を選択する。この段階でUSBケーブルに繋いで、コマンドプロンプトからコマンドを入力する。「adb sideload <場所ファイル名>」。ここのでのファイル名はZIP形式のままでいい。

するとアップロードが始まる。

 

あとはfrom ADB completeみたいなのが、スマホ側に出れば完了。

REBOOTを選択して再起動させると

 

しばらくすると

 

 

起動して無事完了。

 

zenfone2は最新のファームウェアで問題なく一発で完了したのでスムーズなものだった。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください