運転免許のAT限定解除審査を受けましたよ。後編3/3

いよいよ検定です( ノ゚Д゚)ヨッ!

広告

 

いよいよ検定の日です。

着いてから、待てと言われてる部屋に行くも、「審査のかたは別なので、今日の検定の内容なので、これを見てあちらで待っててください」と別のところで。

受けるのは、おいら一人ですよ。

もちろんそのほうが気が楽でいいねぇ。緊張は多少はあるけど別に誤差みたいなもの。

待ってる間は流れのイメージトレーニングをとにかくしてた。

 

 

いよいよ検定員の人が来て説明して、乗車です。一人の場合は不正防止で後ろに職員が乗ります。ただホント乗らされてる感満載の受付の姉ちゃんが乗りますよ。

 

まずはコース説明で通るコースを運転して説明してくれます。すべてグルっと回ってくれます。この時なら質問は可能ですよ。

一周回ると、おわり。

 

「ではこれから始めますので!」

といよいよ発進までの一連の作業をするわけです。忘れそうなのがクラッチペダルを踏んだ後のニュートラル!これもクリア。

 

発進が終わると、一周はコースの慣らし運転というのがあり、それは採点対象外。そこから発着点に戻ったらすべて開始です。

 

でもここでタイミングが良かった。教習時間が終了。コースが自分のみ!(-ω☆)キラリ これで結構プレッシャーになった。今落ちたらアホだろと思ってしまったのが…。

 

まずはS字に向かう途中で規定の速度を出す。ここだけはサードへ、

S字前でシフトダウンして、そこからはセカンドまでで全部こなしますよ。

まあ何ともなくクリア。続いて方向転換。これも問題なし。

続いてクランク、問題なし。そのままぐるっと回って、坂道発進。

よしよしと、気が緩んだ…。

 

ぶぉぉっっっって回したのに車が下がった!!!!

すぐにブレーキ。本当に一瞬だったけど。

原因はサイドブレーキを忘れた…。ヘンに気が緩んだ。

 

やり直して坂道発進クリア、そして踏切、そして発着点へ。

停車までやって終わり。

 

 

検定員からの指導は「クランクがもう少しスムーズだといいけどそれだけ」。なので『坂道発進のは?』と聞いたら、全然本当に少ししか下がってないからあれなら問題はないよって。ズルズルと下がると終わるけどってことで。

 

まあ確認もすべてできてたので坂道のところだけなら範囲内だっただろうから、落ちるとは頭にはなかった。

 

ちなみに「4時間でここまでできてる人は少ないよ」と。お世辞か、調子よく中型解除のセールストークなのか知らないが、とのことでしたよ。

 

xc5rsy467n

その後に、合格証明書を受け取り、今後の手続きを聞いてから、アンケートを書いて適性検査の結果をもらって、

最短の3日、4時間のみ、追加なしで卒業と

 

目標達成 (-ω☆)キラリ

 

 

 

久しぶりの教習所だったけど、新鮮だったな。色々と。

確認が多すぎなのは否めないけど、なにぶん狭いからね。

特に巻き込み確認は、未だに癖はついてるし、それ自体が無駄とは思わないけどね。確認は大事なのは確かだが、コースだとどうしても狭すぎてね。あとは初心を思い出しましたよ。

 

 

もし暇があれば、大型か、中型8トン限定解除でもやってみるかなぁ~と思った。二輪は乗る気がないのでいらん。というか大型も要らないんだけど…なにか目標が欲しくなったらって感じ。意外と楽しかったし。

 

 

ちなみに運転適性検査。以前はすごく不向きと出たけど今回は問題ないが多かった。でも総括して

一言で書くと「協調性のない自己中」って感じ。

まあ、否定はしない!!!!( ー`дー´)キリッ

というか周りを気にしたって仕方ないじゃん~って生きてるので。

淡々とやるべきことをやれればええのよ!だけじゃダメなんですかね…厳しいですね。

今後直ったら直しますよッ。

 

 

教習所通いまではこれで終わり~

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください