ボトルゲージボルトの交換をしてみた

少しずつ交換していく。

広告

あまり大きな破損にはつながらないけど交換自体も簡単なので、まずはボトルゲージのボルトの交換からやってみることにした。

 

交換前

 

061403223041002

 

061403223041001

こんな感じでサビが出てしまっていて見苦しい。サビは一度出ると侵食されていくし、ねじ山?が潰れても嫌なので、交換。

 

 

 

ボトルゲージボルトの入手

061403223041003

新しいのはこれだけど、Amazonにも売ってるが高いので、近くのアストロプロダクツに売ってるのでそれにした。5個入りで280円。ワッシャーがないが、別で買おうにも良いサイズのもないし、あまり必要性も感じないのでなくていいやってことで。

バネ座金もいいのはなし。元々ついてたのは外れないので使うことはできなかった。

 

 

 

交換後

061403223041005 061403223041004

これが意外とちょっとしたものだけど、いい感じ!

 

自分のチャリはとにかく真っ黒にこだわってきたので、本当に地味。

少しずつカラーを追加していくだけで全然違う。今後もカラーを追加していく。そうしないとオリジナル感が出ないし、とにかく黒は無難だが、そればっかだと地味になってつまらん。

 

 

あとこの自転車、後ろまで油圧ブレーキのホースを止めるところがありそう。

なんだかんだいって拡張性の高い良い自転車では?と我ながら思ってる。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください